【藤井セミナー】少人数制の大学受験英語塾 【兵庫県】川西教室

説明会日程はコチラ
地図はコチラ

藤井セミナーへ

川西教室ブログ

「お前は無理や...」と思われてる君!...奴らをアッと驚かせよう!。
人生で一番自分を大きく変えるチャンスが大学受験!






2013年2月受験者 合格体験談



後列:左から ★ 今仲 裕大(県立伊丹)関学 経・法・文 ★ 津田 康介 (県立伊丹)関学 法学・総政 ★ 東 のぞみ(県立伊丹)関学 経・法・総政・文
前列:左から ★ 増永 優萌(伊丹北)関学 教育・法・経 ★ 寺園 直也(三田松聖)関学 文



右 ★ 大西愛(箕面)同志社 商・社 関学 商・文
左 ★ 髙本亜美(川西北陵)同志社 社会学部 関学 商・社・総・法





★ 髙本 亜美:卒(ソフトテニス部)同志社(社会) 関学(全/商・社 個/文(地)総・商・法)//毎週のランキングで全国の藤井セミナーの浪人生と競い合えたことが励みになりました。夏期講習は毎日長文&毎日ランキング発表で緊張感をもって取り組めました。冬期講習は文法の苦手箇所の確認を直前に行えるので時期的にちょうどよかったです。また、日本史の藤井プリントは無敵です!!これだけで本番8割以上をキープできました。先生達はみな、とても親身でこんな自分にわかるまで時間をさいてくれてうれしかったです!!関学6つ合格同志社1つ合格できました。




★ 高村 渓:現(陸上部)関学(文)//英語ができなかったので入塾しました。長文の音読は本当に効果がありました。音読のお陰で早く読めるようになり英語の試験の制限時間内に余裕を持てるようになりました。夏期講習では忍耐力・集中力を養うことができました。冬期講習では入試直前の短期間で文法を固めることができました。関学の受験勉強にはすごく効率的でした。




★ 門脇 駿人:現(野球部)関学(全/商・経 個/総・商・法・独/商)関大(経・商)//受験勉強しんどいしおもんないけどやりきったら喜びは半端ないです。音読は続けたら読むのがめっちゃ早なって得点はガンガンあがります。英語は単熟、文法、音読で伸びます。社会は授業は受講をお勧めします。テーマ史もしっかりやってくれて日本史も得意分野になって本番9割とれました。藤井セミナーはみんな仲がよくて先生も良い人ばかりで優しいけど言う時は言ってくれてほんまに良かったです。おかげで受けた大学は全勝しました!




★ 上杉 将崇:現 同志社(商)関学(全/商・総政 個/総政・社)//藤井セミナーは関関同立に行くは最適な塾だと思います。単熟と長文中心の勉強法のお陰で、私立の入試本番ではしっかり点数が取れました。国語は自分が出来れば周りも出来るため、差がつけにくいですが、社会は努力の量がそのまま反映されるので、そこで差をつけることが合格への近道です。塾長や先生達は常にこれからやるべきことを考え教えてくれました。今までサボっていた人もこの一年頑張れば逆転できます!北校の底辺でも合格できました!




★ 寺園 直也:現(コーラス部)関学(全/文 個/文)//GWの勉強会は、本気で勉強に取り組むいいきっかけになりました。説明会の時に聞いた月一の単熟一斉テストで80以上毎週の復習テストで80以上をキするだけで英語が伸びて安定しました。あとは冬期講習で苦手な文法を集中して覚えこれで文法は一気に伸びて本番8〜9割取れました。社会は先生もプリントもよいので絶対受けるべきです!そのおかげで、本番はほとんど9割取れました!




★ 津田 康介:現(サッカー部)関学(全/総政)//11月まで部活をしていました。なので藤井セミナーの英語と社会に絞り国語をやらない方針でなければ関学合格なんてできなかったと思っています。他の人が3科目勉強する中、2科目集中で高得点を狙うこの方針は、部活で忙しかった僕にはぴったりでした。また藤井出身の関学生の先生方からいろいろアドバイスがきけて励みにもなりました。部活を最後まで続けても藤井のやり方なら受かります!!

★ 今仲 裕大:現(サッカー部)関学(全/経・法 個/経・文(ア))//藤井セミナーは部活引退後の青春の延長線上のようで、毎日の受験勉強の苦しさの中にも楽しさがありました。ここじゃなかったら、絶対勉強を続けれていなかったと思います。ランキングでモチベーションを上げ続けて、周りで一緒に頑張る仲間もいて、最後まで頑張り抜けました。迷っている人は一日でも早く入塾して、復習を頑張って、実力を付けて行ってほしいです!!

★ 東 のぞみ:現(ソフトテニス部)関学(全/法・総政 個/文・経)//とにかく世界史9割にこだわる雰囲気が僕を奮起させた。厳しかったけど世界史重視のスタイルのおかげで合格できたと思う。藤井セミナーは英語専門塾だから英語はもちろんいいが、実は社会もかなり専門だったと思う。




★ 増永 優萌:現 関学(全/教・法 個/教・経・法 独/教)//中学の塾の先生に勧められて入塾しました。単熟語の暗記、音読、文法、社会のプリント、古典単語暗記、言われたことだけを徹底してやれば絶対合格できます!国語をやらないのは不安でしたが今思うと本当に正解でした。現国をやらずに日本史にその時間をあてた結果、センターでは日本史満点、関学の本番では150点中147点とれました。藤井セミナーの日本史のプリントは最強です!!

★ 岡 優希:現(放送部)関学(全/総政)//単熟、文法、復習テストが毎週ランキングにでるので努力した時とさぼった時が一目瞭然で、手を抜いたら先生にすぐバレてしまいます(笑)でも、先生がすぐに相談に乗ってくれ、塾内にも上を目指して頑張っているライバルがいっぱいいて、最後まで諦めずに頑張れました。私は国語が大嫌いなので塾の方針にしたがって英語と社会にしぼって勉強しましたが、大正解でした。




★ 大西 愛:卒(華道部)同志社(商・社)関学(全/文 個/文(英)商)//現役の時受かった大学を蹴って、やっぱり関関同立に行きたい!!と思い浪人しました。姉も藤井セミナーだったので不安はありませんでした。徹底的に単熟や文法のテストがあり気を抜くことなく1年勉強できました。勉強会は1日の中で単熟、文法、長文、社会すべてやるのでしんどいですがこのおかげで冬からの追い込みも苦になりませんでした。世界史のプリントが素晴らしくて、去年は苦手だった世界史が得意科目にかわりました。先生は全員が藤井出身なので悩みを相談しやすく、勉強のアドバイスも親身になってしてくれて楽しくて毎日行きたくなる塾です。




★ 小柳 竜也:卒(サッカー部)同志社(商・経)関学(全/商・総政)//単熟暗記、長文復習、社会暗記、全てランキングに出されて、全国のライバルと競えて、それが自分のプラスに繋がりました。毎日、プレッシャーの中で戦うことで、勉強も好きになり、要領も自然に掴むことができました。日本史の授業は関関同立対策がキッチリしているので本番8〜9割とれました。国語が嫌いな人は、藤井でおもいっきり英語と社会をやってください!藤井の方針は最高です。僕が実例です。

★ 近藤 真典:現(サッカー部)関学(全/経・商 個/経)立命館(経)//単熟暗記に長文の音読を足すだけで英語の長文の読みやすさが全然違います!!最初は意味があるのかと疑問に思っていましたが、音読を毎日1時間半続けていたら1月に成績がぐんと伸びてセンターでも関学入試でも9割近く取れるようになりました。




★ 樫本 修一:現(野球部)関学(個/文・総・法(法))//部活は練習も厳しく朝練もあって、引退前は真剣に勉強に取り組んだことがありませんでした。成績も学年最下位に近いものでした。7月末に引退してそこから単熟つめて日本史の勉強も真剣に始めました。国語が嫌いで時間もなかった僕には英語と社会で関学合格できるというのはうってつけの方針でした。単熟暗記&音読の継続!!これで英語は上がります!!

★ 森口 将太:現役(陸上部)関学(全/法・経)//藤井セミナーの合格プロセスは本物でした!英語は単熟暗記と音読、社会は要点がまとめられているプリントを暗記するだけで、本当に実力がどんどん上がっていきました。地道な努力を続けて、秋頃からは、自分でも驚くぐらい速く長文が読めるようになりました。ランキングも一度上位にいくと、それが楽しくて嬉しくて、またさらにステップアップ出来たのが良かったと思います。10時間塾にこもる勉強会を経験したおかげで、受験生としての自覚もめばえました!

★ 冨士 加央梨:卒(バトミントン部)関大(社安)//現役時代は勉強の仕方が分からず自分なりに頑張ったものの全滅しました。浪人が始まり、藤井セミナーのやり方にもイマイチ馴染めず悶々としていたところ、同じ浪人生の仲間から「去年1人でやって受からなかったのに今年も1人でやって受かるわけないやん!」と励まされ、開き直って塾に言われたことは全て逃げずにやりきろうと決心しました。精神的に毎日ギリギリだったので、振り返って塾の良かったところも思い出せませんがとにかく第一志望に受かって本当に良かった!

ページ先頭このページの先頭へ